スズメGET大作戦!!。代表取締役、但馬史晴によるブログ「TOKOSHIE.(とこしえ)」。

097-597-7777

月~土曜 8:00~17:00

お問い合わせ 24時間受付

採用情報

スズメGET大作戦!!

2017.05.26
new
サムネイル

早いもので5月が終わろうとしています。

そろそろ蛍が見られる季節になりますね。

さて、今回は私の家族との時間をお話しようと思います。

私は4人家族です。奥さんと、4歳になる男女の双子の子どもがいます。

4歳になる息子は昆虫が大好き!いつも時間さえあれば「お父さん!虫取りに行こう!」と誘われます。

息子は昆虫に関してはとても目ざとくて、私や周りのみんなが確認できていない虫でも「この草むらに何かいるっ!」と言って、その辺りを探し始めます。すると、本当にそこからバッタなどが飛び出てくるから驚きです。

その息子が虫に飽きてしまったのか「おとうさん!スズメつかまえたい!」なんて言い出しまして。

スズメなんてつかまえられっこないやん...と、最初は聞き流していたのですが、あきらめず何度も言うのでお父さんは考えました!

まぁ、私が幼いころは、スズメが集まる秘密の場所があって、いつも虫取り網でスズメをガンガン捕まえていましたけどね ( •̀∀•́ ) ✧ しかしここは我が家の庭。かつての秘密の場所のようにもいかないので...

思いついたのは昔ながらの方法!...昔話の挿絵にでてきそうなやつですよ。

これ!!

sparrow1.jpg

カゴの下に餌を置いて、カゴを棒で支えて、スズメがカゴに入ってきたところを紐を引くんだ!と。

昔ながらの竹のかごなどがないので、家のあるものでなんとか仕掛けを作りました。

家の中に息子を潜ませ、スズメが入ってきたら、家の中から写真にある白い紐を引っ張る計画で、私たち親子は虎視眈々とその時が来るのを待ちました。

あれれ...仕掛けが人工物すぎて警戒しているのか、もともとスズメが少ないのか???待てどもスズメは来ません。私より先に息子は飽きてしまいました。

sparrow2.jpg

私の「ものづくり」への情熱はスズメには伝わらないらしい。

しかし、この仕掛けを奥さんに見せたところ大爆笑!

スズメはとれずとも笑いはとれた!奥さんが楽しんでくれただけでも成果アリとしますか (*´▽`*)

その他の記事